ギャラリー

いや川水源

tikasui231美里町(旧中央町)中小路
水は小さな洞穴から湧水しており、涵養源の水晶山は中生代白亜紀の肥後変成岩類の結晶質石灰岩(大理石)で、この中を通って来た水は、弱アルカリ性(pH8程度)の軟らかい水である。 昔、この辺の人はお産があると胞衣(えな;胎盤)をこの川で洗い清めたことから付いた名前である。

 

竹崎水源

tikasui22南阿蘇村(旧白水村)大字両併
渓床に溶岩が露出していて、節理に沿って地下水が噴出しており、最上部では直線上に湧水点が分布する。その豊富な湧水量の総量は毎秒約2トン、1日当り17万2千トンで、水田約350ヘクタールにかんがい用水として利用されている。

 

 

東海大学水源

tikasui21南阿蘇村(旧長陽村)大字黒川
黒雲母流紋岩(高尾野羽根溶岩)とこれを覆う約3万年前に流出した輝石デイサイト(沢津野溶岩)の境界部から毎分4~5トンの湧水がみられ、6箇所以上の湧水点がある。溶岩の割れ目からの岩盤れっか水で黒川対岸に引かれ、立野にある九州電力「黒川発電所」の冷却水として利用されている。

 

続きを読む...

黒仁田洞(鍾乳洞)

tikei25球磨村大字神瀬字林ノ元
球磨村大字神瀬字林ノ元 石灰岩地帯では、地表から地下にしみこんだ水は節理面や層理面に沿って溶食を起こし洞穴(鍾乳洞)をつくる。黒に田洞は、江戸時代の絵図に「穴ノ口」と描かれ存在が古くから知られていた。「昔、この穴にモミガラを流し込んだら一週間後に球泉洞近くの大瀬鍾乳洞に流れ出た」との伝承がある。

 

金峰山、一ノ岳とカルデラ底

tikei24熊本市
金峰山は、カルデラをもつ複式火山であり、二ノ岳や三の岳は約100万年前に噴出した輝石安山岩である。約50万年前~30万年前のカルデラには湖が存在し、湖成層である芳野層を堆積させている。また、約15万年前には角閃石安山岩の溶岩ドームである中央火口丘(一ノ岳)が誕生している。

 

石神山

tikei231熊本市島崎
石神山は、荒尾山や三淵山とともに金峰火山外輪山の寄生火山である。約110万年前に噴出した角閃石安山岩の溶岩ドームであり、古くから石材が切り出されていたが、現在はその跡地に「石神山公園」がつくられている。

続きを読む...

ページのトップへ