ギャラリー

部分日食

nisshoku090722熊本市江津(㈱アバンスにて撮影)
平成21年7月22日11時13分撮影。
日食とは、太陽、月、地球が一直線に並び、地球から見た太陽が月の背後に隠れる天文現象。日本の陸地から皆既日食が観測できるのは、1963年7月21日以来46年ぶり。次は2035年9月2日に北陸や北関東で見られる。

 

ウォーターレタス

kannkyou05熊本市上江津湖
江津湖はひょうたん型をした全長2.5km、面積約50haの加瀬川の河川湖であり、周辺は整備され市民の憩いの場となっている。ウォーターレタスやホテイアオイ、オオカナダモは生育段階では窒素やリンを吸収して水質浄化につながるが、枯死すると湖底に堆積・ヘドロ化し有機物等が溶出し富栄養化を加速させている。

 

風力発電

kannkyou03西原村俵山中腹
現在10基の風力発電用風車が稼働して「阿蘇にしはらウィンドファーム」の電力を賄っている。年間の発電量は西原村全世帯の4倍以上の約7,100世帯分の年間消費電力に相当し、年間の二酸化炭素の削減効果は自動車2,2000台分の排出量に相当する。 風車の中心までの高さは60m、風車の翼の直径は66mである。

続きを読む...

坂口の滝

taki17球磨郡大字神瀬字坂口
地質は、中生代白亜紀に堆積した四万十層群の砂岩頁岩互層。川にほぼ直交する走向で、上流側に向かって高角度で傾斜している。もっとも落差のある2段目の滝は下流側の頁岩層が水流によって浸食されたために露出した厚い砂岩が滝面となっている。

 

夫婦滝

taki16南小国町満願寺
地質は、阿蘇カルデラ形成期の約26万年前に噴出した阿蘇-1火砕流堆積物である溶結凝灰岩。男滝の溶結凝灰岩には傾斜30~60°の節理が発達し、女滝の溶結凝灰岩には傾斜10°前後の柱状節理が発達していることから、それぞれ滝の姿が異なっている。写真は女滝。

 

座頭滝(湯の鶴七滝)

taki15水俣市湯出
湯の鶴温泉を流れる湯出川の支流の芦刈川には「湯の鶴七滝」と呼ばれる大小7つの滝が点在する。滝面をつくるのは肥薩火山岩類に属する白岩火砕流(約200万年前に噴出)であり、岩相は割れ目の少ない非溶結~低溶結軽石凝灰岩や火山礫凝灰岩である。

続きを読む...

ページのトップへ