業務関連

台湾北部(平成20年11月2~5日)

s-IMGP54271

太魯閣国家公園
古生代二畳紀の大理石からなる渓谷。
数年前に来た時に落石の心配をしていたが、前回歩いた近くで大きな岩盤崩壊が発生していた。

s-IMGP54191

太魯閣国家公園
大理石の露岩にみられる衝上断層。
台湾は、東側(写真右側からフィリッピン海プレートに押されており、北東-南西方向に長い島の形が形成されている。

s-IMGP55121

台北101
高さ509mの世界第2位の超高層ビル。
基礎杭は、支持層(岩盤)の下30mまで打ち込まれているという。施工は日本のゼネコンを中心としたJV、エレベータも日本製(時速60km:世界最速)である。

s-IMGP55331

台北101
風圧のための制振構造。
重量660トンの巨大なTMD(チューンドマスダンパー)が設定されている。輪切りの鋼板を41層重ね溶接して球状にしてある。

s-IMGP55461

龍山寺
1738年に創建された台湾で最も
古い寺院。
多種多様ものが祭られている。台湾の人は宗教心が強いと言われており若い人たちがお経を片手に参拝しているのが印象的であった。

s-IMGP54921

キュウフン
日本統治時代に金鉱で栄えた街。
映画「非情城市」の舞台になったことで有名になった全国2位になったという阿婆芋圓の「芋圓(芋ぜんざい)」が美味であった。

中国研修(平成22年5月5~9日)

s-IMGP54271

北京市の集合住宅(上空より)
日本のように1戸建て住宅はみられない。

s-IMGP54191

北京市内の高層マンション
市内では、古い低層住宅が取り壊されて、高層マンションの建設ラッシュになっている。

s-IMGP55121

八達嶺長城(世界遺産)
月から見える唯一の建築構造物と言われており、総延長は1万2700華里(1華里は0.5km)に及ぶ。

この城壁は、騎馬民族の侵入を防ぐために明代に築かれたもので、地質は燕山花崗岩からなる。

s-IMGP55331

周口店の北京原人遺跡(世界遺産)
1929年に、石灰岩の洞窟などから北京原人の頭蓋骨とともに、石器や骨製の道具が大量に見つかり、猿人類とは異なる原始人類の存在が明らかとなった。北京原人が暮らしていた時代(約70~23万年前)は、熊本では金峰山カルデラ湖に芳野層が堆積していた時代に当たる。

s-IMGP55461

天壇(世界遺産)
明清代の皇帝が天に対して祭祀を行った宗教的な場所(祭壇)である。天壇でもっとも有名とされる建造物の一つで、天安門や紫禁城とともに北京のシンボル的存在とされる。石段などには白レンガが多く使われている。

s-IMGP54921

廬溝橋
北京郊外の永定河に架かる石造りのアーチ橋である。マルコポーロが「東方見聞録」の中で「世界で最も美しい橋」と絶賛したため、別名「マルコポーロブリッジ」とも呼ばれている。1937年の日本軍と中国国民革命軍との衝突事件で、日中戦争の直接のきっかけとなった場所である。

ページのトップへ