業務関連

 

アドバルーンにデジタル一眼レフカメラを設置し、上空から写真を撮影致します。災害時の全景写真などに適しています。

 

ad_balloon-H23iwajima

アドバルーンによる空中写真撮影

画像をクリックすると拡大画像が見られます。

小型気球(アドバルーン)下にデジタル一眼レフカメラを設置し、地上から遠隔操作により写真を撮影します。デジタルカメラで撮影する場所は、

CCDカメラで地上で確認でき、カメラの向きも遠隔操作で自由に操作可能です。

気球は、ヘリウムガスを充満させ飛行しますので、環境には無害です。

ヘリウムガスは、約35m3を使用します(7m3×5本)。

高さ100~150mまで上昇可能です。

続きを読む...

市道杉の本赤山線(豪雨災害による斜面崩壊災害を例にして)

(H19年度:八代市東陽町赤山)

 

災害時(斜面崩壊)の調査から設計までの流れは、以下の通りです。

 

①測量・地表踏査・気象調査

・測量および地表踏査により災害の範囲・規模を把握する。

・災害発生原因の調査(素因と誘因)する。

・さらに崩壊の危険性がある場合は、地盤伸縮計等による警戒措置を設置する。

 

災害査定用写真

chousa2-nagare00

 

 

 

 

 

 

続きを読む...

ページのトップへ