竜田山断層

kouzou08熊本市清水町~京町~小島上町
竜田山北麓から熊本市街地の中心を南西方向に横断し、高橋方面に延びる活断層。金峰山の南東側では、万日山・独鈷山・城山などが金峰山から分断されて直線的に並ぶ。写真は、断層が通過している池上町の井芹川沿いの低地。

 

褶曲 fold

kouzou071八代市二見洲口町(国道3号沿いの採石場)
層状構造をもつ地層が、層状構造と平行な方向(水平方向)や斜交する方向からの圧縮力により波形に変形した構造をいう。地層が上方に凸に曲がった部分を「背斜(軸)」、上方に凹面をむけて曲がった部分を「向斜(軸)」という。

 

断層崖〈北甘木断層〉

kouzou061嘉島町北甘木
布田川-日奈久断層系に属する北東-南西方向に延びる鉛直変位40m以上(北落ち)の活断層である。台地は砥川溶岩から形成されていて、断層崖沿いには多数の湧水地が分布し、「ほたるの里」もある。

向斜 syncline〈一町田向斜〉

kouzou051天草市(旧河浦町)一町田)
一般には褶曲している地層の谷にあたる部分。一町田向斜は、天草下島を北北東-南南西方向に縦断する大規模な褶曲軸であり、天草の島々はこの褶曲軸の方向に長い形をしているのが特徴である。

 

地溝 graben 〈高野断層〉

kouzou04益城町土山
ほぼ平行な2本以上の断層の間が相対的に沈降して形成された狭長な地形的凹地をいう。この凹地は、活断層である布田川-日奈久断層系高野断層によって形成された断層凹地であり、2000年6月8日の震度5弱の地震はこの延長部で発生した。

 

第四紀断層

kouzou031阿蘇市(旧阿蘇町)狩尾
第四紀層(約160万年前~現在)を変位させている断層を第四紀断層という。写真の断層は、アカホヤ層(白色の層;約6300年前)や阿蘇中央火口丘からの火山灰層を約1m変位させている。

 
ページのトップへ