御所浦層

taiseki17天草市御所浦町外平
御所浦島は、「日本の地質百選」に選ばれており、島南側の採石場の崖では、約1億年前の地層が連続的に観察でき、「白亜紀の壁」と呼ばれている。壁の下部及び粗粒部からは、恐竜の化石、上部の泥質部からはアンモナイトやイノセラムスの化石が産出する。

 

リップル ripples

taiseki16宇土市御興来海岸
流体と粘性のない堆積物(特に砂)との境界に、流れの低領域で形成される規則的な峰と谷からなる微地形をいう。河川流・潮流・波・風により、河床・海底・砂丘表面などにできる。砂岩の表面構造などは、リップルマークとして区別することがある。

 

大矢野層

taiseki15上天草市大矢野町船江
大矢野島の北西側に広く分布する。主に、水中に堆積した火山噴出物の凝灰角礫岩や火山灰層からなり写真は凝灰角礫岩と火山灰層の互層である。堆積した時代(約100万年より前)には、飛岳や紫尾山などが噴火した。

沼鉄鉱床

taiseki12阿蘇市(旧阿蘇町)萱原
阿蘇カルデラ北側の阿蘇谷に、約2万年前~5千年前に存在した湖の末期に形成された沼鉄鉱の鉱床である。沼鉄鉱は、沼沢地や冷泉・鉱泉などに由来する多孔質の褐鉄鉱で、現在は家畜用飼料として盛んに利用されている。

 

引きずり痕 groove cast

taiseki111八代市日奈久・鳩山
岩片などが水流により未固結の泥層の上を引きずられて表面に直線の模様(窪み)を刻むと、その上に堆積した砂層の底面には鋳型(キャスト)として突起状の模様が保存される。この引きずり痕から、当時の水流の方向を知ることができる。

 

荷重痕 load cast

taiseki10芦北町(旧田浦町波多島)
未固結で軟質な泥層の上に砂層が堆積すると、砂層の荷重により下底面が泥層中に沈み込んで下に凸状の堆積構造ができるものをいう。荷重痕は、級化(グレイディング)とともに、地層の上下判定に有効である。

 
ページのトップへ